お米を通じた社会貢献活動

お米マイスターが行く「お届けごはんパワー教室」 参加校大募集!!

「お届けごはんパワー教室」は平成18年度から実施今年で8年目を迎えます。24年度は全国で272校、授業回数500回、参加生徒数24,230名となりました。日本の主食であるお米をテーマに、お米がどのように作られ、流通・加工を経てご飯として食べられるのかを、お米を扱う専門家として小学生に伝えるものです。
次世代である小学生にお米の良さ等を教えることはとても大切であり、米穀店の社会貢献という点においても大事な事業です。
希望される小学校はぜひ当店へご連絡ください。
参加された小学生には「ジュニアお米マイスターバッジ」・「お米、ごはんBook」を提供します。
詳細はこちら http://www.okome-maistar.net/school/detail.php ※「お届けごはんパワー教室」はお米マイスター資格者のみ運営できます。

芝の家 - 昭和の地域力再発見事業

「芝の家」は、港区と慶応義塾大学が共同で運営することから始まった、コミュニティづくりの活動拠点です。
港区芝地区総合支所の進める「昭和の地域力再発見事業」の拠点として、子供がのびのびと遊び、お年寄りが安心して暮らせるように、まちに住み働く人たちがお互いに支えあえる関係の創生をめざしています。
芝の家 - 昭和の地域力再発見事業 http://www.shibanoie.net/

東京都芝消防団第7分団

消防団員は、地域における消防防災のリーダーとして、平常時・非常時を問わずその地域に密着し、住民の安心安全を守っています。
また、火災予防運動や歳末特別警戒などの広報活動を通じて、地域の防災意識の向上を目指しています。 芝消防団 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-siba/shibasyouboudan.html

北四国町会

春と秋に全国交通安全活動に参加します。
夏にはラジオ体操、春日神社例大祭、冬は夜警活動を行ない、地域の安全を守っています。
当社は災害時食糧供給協力店として、万が一の災害の際にも、町会員の人たちにお米を供給します。

港区ものづくり商業観光フェア

食育活動の一環として参加しています。
小学生を対象とした「田んぼに暮らす生き物」クイズなど、生物の多様性、いのちのつながりが感じられるようなイベントを企画しています。

募金活動

「朱鷺と暮らす郷」米、「コウノトリ育むお米」の売り上げの一部を「佐渡市トキ保護募金」、「コウノトリ基金」へ寄付しています。